STORM ON Liner Notes

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾からの客人

<<   作成日時 : 2016/04/18 18:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
サイモンさん、また会いましょう。

QJ春の合宿に合わせて、台湾からサイモンさんが来日。同い年ということもあって、大いに盛り上がった。
遡ること数ヶ月前。Facebookを通してコンタクトがあったんだっけな。「グリーンランドスタイルについて色々知りたいので、教えてくれますか?」断る理由はどこにもないので、来る質問来る質問には喜んで返答。教えてあげればあげるほど、向こうの熱量が上がってくるのが手に取るように分かった。そしてとうとう「日本に行けば、直接ロールなどを教えてくれますか?」と来たもんだ、ホイ。折りよくQJの春合宿の企画が進行中。主催の小松さんと公一くんはサイモンさんの参加を快諾。我々にとっては参加者が増える旨味があるし、サイモンさんにとってはより多くの日本のGカヤッカーと知り合える機会になったわけだ。

画像

金曜の夜の飛行機で来日。定時で会社を上がり、羽田でビールを飲みながら待機。定刻でランディング。そのままアクアライン経由のバスで富津へ。翌朝、館山で合宿受け付けなので、サクっとシャワーでも浴びて寝ようかと思いきや、さっそく質問大会(笑)。結局、いい時間まで飲みながらカヤックのドライレクチャー。
翌日はタカピーが富津で合流し、一緒に朝飯を食って館山に。あ、タカピーは新艇の受領&進水式も兼ねての来富。おめでとう!で、土日は館山で合宿。自分は前屈系の講師だったので、残念ながらサイモンさんに直接レクチャーする機会はなかったが、魚住代表が結構べったりで教えてくれていたみたい。よかった、よかった。

画像

合宿終了後、サイモンさんと自宅へ戻り、またまたドライレクチャー。台湾でレクチャーイベントを開く際の方法やヒントをあれこれ訊かれた。アジア圏においては、なかなか日本以外にグリーンランドスタイルが根付く様子がないけど、これを機会に台湾にも火が点ることを切に願う次第。協力は惜しまないよー。
余談だが、Facebookで知り合って、いざ日本に来る段になったとき「うち泊まれば?」と軽い気持ちで言ったことがとても引っ掛かっていたらしい。“初めて会う外国人を自宅に泊めるのか?”みたいな(笑)。自分にしてみればグリーンランドスタイルに関わるようになって、多くの外国人と知り合い、彼らが来日するときは当たり前のように自宅に招いていたので何の不思議もなかったのだが、よくよく考えてみれば猜疑心とか警戒心の一つも生まれて当たり前か?(笑) あー、これはアレだな。受け入れをいつも快くOKして、しかも身のまわりに世話まで焼いてくれるカミさんに感謝だ。どうもありがとう。

サイモンさん、近い将来、今度は台湾でお会いしましょう。楽しみにしてます!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

台湾からの客人 STORM ON Liner Notes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる