STORM ON Liner Notes

アクセスカウンタ

zoom RSS よくある質問(2)

<<   作成日時 : 2018/04/07 18:55   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
ガンネルの角度。

「ガンネルの角度は何度ぐらいがいいんですか?」

はい、そんなもん何度だっていいです(笑)。
角度に限ったことではありません。ガンネル材自体の長さ、高さ、厚み、すべてにおいて「こうでなきゃダメ!」という決まりはないです。ただ、標準的なサイズはありますが、それにしたって何艇も作っているうちに、自分のスタンダードが変わってきます。「んじゃ、正しいグリーンランドカヤックって何よ?」という話になると思いますが、そこは“構成”の問題ですね。ガンネル、ビーム、リブ、キール、チャイン、エンドピース、マシック、コクピットフープ、ブレストフック、といったパーツで構成されるのが大前提です。

さてと、角度ですよね。何度でもいいと言いつつ、やっぱ許容範囲があると思うので、これまで見てきたカヤック、あるいは作ってきたカヤックで言うと、55度〜75度ぐらいでしょうか。ガンネルを寝かせるほどに(角度の数字が小さくなるほどに)、ロッカーがきつくなります。逆に、ガンネルを立てるとストレートなカヤックになります。しかし、これも一概に言えることではなく、例えば55度にしたときに、ガンネルを開く幅が45cmと60cmではロッカーの様子が違うわけです。当然、大きく開いた方がロッカーはよりキツめになりますよね。この辺の兼ね合いは、何艇か作ってみないと案外気付かないのかも知れません。ロッカーの善し悪しについては、また別の機会にでも。
画像

実際にガンネルに角度をつけて組むときに「ジグ」というものを作ります。カヤックの幅とガンネルの角度を決めてジグに反映させるだけなので、さほど難しいものではありません。が、作ったジグにガンネルを添わせるときに要注意です。せっかく決めた角度でも、ガンネル材がジグにきっちり添ってないと狂いがでます。ジグとガンネルの間に隙間ができていないか、上下左右は同じ位置にあるか、ここをしっかり押さえる必要があります。言えば、ガンネルはカヤックの大黒柱です。上面の加工やら、ビームのホゾ穴、リブ穴と地味な作業が続きます。しかし、しかし、早く次の工程に進みたい気持ちをグッと抑えて、手を抜かずにキッチリ決めることをお勧めします。

九州に、自分や天狼星の兄ぃよりもずっと前からQajaqを作っていた御仁がおります。御多聞に漏れず数艇作られたようですが、ガンネルだけは使い回ししています。なんか、とてもかっこいいなぁと思います。Ken5さん、ノリさん、お元気でしょうか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

よくある質問(2) STORM ON Liner Notes/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる